河野初江 プロフィール

 一般社団法人自分史活用推進協議会 代表理事

この講師に講演を依頼する

東京女子大学文理学部史学科卒業。株式会社リクルート『月刊リクルート』編集長を経て独立。

社史・広報誌・自分史の編集会社「有限会社オフィス河野」代表取締役社長。
2013年より一般社団法人自分史活用推進協議会理事、横浜支部支部長。
2017年より、同会代表理事に就任。


 

創業期のリクルートに入社し、情報誌開発に参加。広報誌『月刊リクルート』編集長を務めたのち独立。コンサルタント会社を経て「有限会社オフィス河野」代表。大手企業の社史・広報誌・社内報等、のべ2万ページ以上手がける。

リクルート在職中、永井道雄氏、加藤寛氏、城山三郎氏ら、戦後の復興を担った有識者100人以上にインタビュー。その歩みと熱い思いに触れ、記憶を記録し、継承する大切さを実感。2003年創業者・江副浩正氏の自叙伝『かもめが翔んだ日』(朝日新聞社)、2009年『リクルート事件・江副浩正の真実』(中央公論新社)を編集。

2013年一般社団法人自分史活用推進協議会理事、横浜支部支部長。自分史の魅力を伝え、活用法を広めることで、自分史を活用してより自分史らしく生きる人を増やす活動を展開。

企業と個人の歴史を掘り起こし、未来へとつなげることをライフワークにしている。

[有限会社オフィス河野 事業内容]

・社史、経営者の自叙伝の執筆と編集

・企業文化の発見・強化・発展に関するトータルサポート

・企業をもっと好きになる-内定者研修、新人研修、リーダー研修、エグゼクティブ研修

・自分をもっと好きになる-自分史作成、マッピング自分史、幸せの思い出探しなどの講演・講座

【著書】生涯学習のすすめ『熱中できるものを探す』(日本経済新聞社)

著書

熱中できるものを探す(日本経済新聞社 1991/04)

Amazon.co.jp 河野初江 著者ページ

得意領域

3.カルチャー

4.教育


GGD∞ 講師一覧に戻る