津田真 プロフィール

ポップミュージックを中心とした音楽文化、及び周辺のポップカルチャーをカバー。
また、日本のインディーズ音楽シーン(バンド、シンガーソングライター、アイドル等)の最前線に注目し、イベント主催、CDプロデュース等も手がける。
 ◆ ◆ ◆
1968年、千葉県銚子市生まれ。
多摩芸術学園映画学科中退後、正社員として中古レコードHUNTER渋谷店に勤務。
退社後、バンドや自主レーベルを主宰、イベント企画等を手がけ、ライブハウス/ライブバーに足を運ぶ回数が激増。

2006年、ブログ『クレーター通信』開始。
適当な事を書き散らすうちに、音楽ブログのようになってゆき、一部で話題になる。
同じ頃、音楽専門学校でゲスト講師として「ポップミュージックの歴史」講義(4回シリーズ、3年連続)。

2007年、現在まで続くライブイベント『音街ピクニック』スタート。

2010年、ブログでCDデビュー間もないバンド「0.8秒と衝撃。」のライブについて書いたことをきっかけに、そのCDのライナーノートを担当していた橘川幸夫と出会う。
この頃から執筆やインタビューの依頼が相次ぎ、なし崩し的にライター業がスタート。

2012年、インディーズ・アーティストの手売り楽曲や新録曲だけで構成されたコンピレーションCD『Cue Fanfare!』(全17曲)を企画・プロデュース、全国流通。

2015年、橘川幸夫運営音楽メディア『CLOSER』編集長に就任。
創刊号としてフリーペーパーを制作後、ウェブへ移行し、随時更新中。
ライブイベント『音街ピクニック』(@南青山ルナ)毎月開催中。

関連サイト・リンク

CLOSER

津田真Twitter

得意領域

3.カルチャー