研究会発足のご挨拶

  株式会社ドゥ・ハウス(1980年創業)と株式会社デジタルメディア研究所(1996年創業)は、共同プロジェクトとして「アジア子ども未来研究会」をスタートさせます。株式会社ドゥ・ハウスは、企業の生活者や店頭の実態把握・商品開発などのリサーチやクチコミを中心としたプロモーション、店頭活性化などを行ってきました。株式会社デジタルメディア研究所は、企業コンサルタント、メディア開発などを行ってきました。

「アジア子ども未来研究会」の活動趣旨

◇日本は敗戦の荒野から立ち上がり、高度成長を遂げ、豊かな高度商品化社会を築きあげました。そこには、各業界の企業の皆様が、市場を丁寧に調査し、消費者ニーズをつかみとって商品開発や販売促進をしてきた歴史があります。この経験をアジア市場で生かすために、アジアの現実と、人々の生活意識を的確に把握する必要があります。日本の企業が地域で評価されるためには、よりよき未来をアジアの人たちと一緒に探っていく姿勢が重要だと思います。

◇国内市場の飽和・縮小化の時代の中で、アジアは発展余地の大きい、魅力的な市場です。しかし、アジアといっても、多様な国家があり、国家の中にも多様な民族がいます。特に、子どもたちや若者たちの嗜好や生活意識についての実態を把握する必要があると思います。
当研究会では、アジア各国の未来を担う、新しい世代の意識と想いを探る調査と研究を行っていきます。

◇株式会社ドウ・ハウスは、1980年創業以来、生活者の思いを汲み上げる作業を追求してきました。この経験とノウハウを、アジア諸国の発展のために寄与したいと考えます。日本の有力企業の皆様と、アジアのリアルな現状を把握するための研究会活動を推進したいと願います。

◇少しでも関心を持っていただけたら、説明会を行いますので、ご来場賜れば幸いです。


「アジア子ども未来研究会」説明会のご案内

「アジア子ども未来研究会」第一回公開セミナー

【日時】 2018年5月16日 (水) 13:00〜17:00
【会場】 多摩大学大学院品川サテライト
東京都港区港南2-14-14 品川インターシティフロント5階
【TEL】 03-5769-4170(代表)
【参加費】 無料(企業の皆様に限定させていただきます)

セミナーの内容

1.アジアの子どもたちは今。アジア各国で300の学校を建設した元商社マンの講演会。
谷川洋(認定NPO法人 アジア教育友好協会・理事長)
http://www.nippon-aefa.org/

2.アジアの若者たちの本音を聞く。アジア各国からの留学生5人を集めた、トクーライブ。
司会・近藤純夫(子ども調査研究所・主任研究員)

3.「アジア子ども未来研究会」が目指すもの。
橘川幸夫(事務局)


「アジア子ども未来研究会」のプレスリリースは以下にあります。

アジアの子どもたちの実態を探る「アジア子ども未来研究会」を発足、公開セミナーを共催

説明会にご参加希望される方は、上記よりお申込みください。

個人の方でご興味のある方は下記までご連絡下さい。

deme@demeken.co.jp


「アジア子ども未来研究会」事務局
〒105-0004
東京都港区新橋6-20-2
株式会社ドゥ・ハウス内
TEL:03-5472-7901(代表)
FAX:03-5472-7916(代表)
MAIL:moushikomi-dohouse@mlbbs.net
事務局担当:高橋(タカハシ)、浜(ハマ)


組織体制

【会長】
谷川 洋
認定NPO法人 AEFA アジア教育友好協会 理事長
http://www.nippon-aefa.org/

【事務局長】
亀田武嗣

【事務局】
ドゥ・ハウス+デジタルメディア研究所

【顧問】
上 昌広(特定非営利活動法人 医療ガバナンス研究所 理事長)
近藤純夫(子ども調査研究所・主任研究員)
林 光(元博報堂生活総研所長)
久恒啓一(多摩大学副学長)