本屋さんの冒険(ガンバレ小さな本屋さん)(1)

 大手取次の日販の赤字決算が話題になったが、それ以上に、町の書店は厳しい状況に追われている。しかし、未来の出版シーンに向けて、書店の新しい動きも芽生えてきている。

更新日 2016年01月26日

本日 0pv

合計 3409pv


山の上で書店開業、とある女性の“移住・田舎暮らし” | スーモジャーナル - 住まい・暮らしのニュース・コラムサイト
http://suumo.jp/journal/2016/01/08/103526/
高知県香美市香北町の書店「うずまき舎」を切り盛りする村上千世さんは、かつて神戸で何不自由ないOL生活を送っていた。しかし30代半ばにその生活にピリオドを打ち、たった一人で高知へ移住した。好きなことを生業にして田舎暮らしをする彼女に、今に至った経緯を聞いてみた。

  出典 blog-imgs-63.fc2.com

  出典 kyotoliving.co.jp
“街の本屋さん”の魅力を伝えるサイト「読読(よんどく?)」オープン! | ダ・ヴィンチニュース
http://ddnavi.com/news/273254/a/
 “街の本屋さん”を紹介するサイト「読読(よんどく?)」が2015年12月1日(火)にオープンした。 “街の本屋さん”の魅力は外観や内観の雰囲気、店主の個性や店員さんとのコミュニケーション、そして本...

  出典 ddnavi.com
文禄堂荻窪店、三輪EVを移動書店として導入 | レスポンス
http://response.jp/article/2016/01/22/268297.html
日本出版販売(日販)は、住友三井オートサービスを通じて、日本エレクトライク社製三輪EV「エレクトライク」を移動書店として文禄堂荻窪店に導入した。

  出典 img.response.jp
閉店した鎌倉の書店、本で人をつなげるカフェ&バーとして再生 - 湘南経済新聞
http://shonan.keizai.biz/headline/2247/
鎌倉・深沢で40年以上続き昨年閉店した書店「栄和堂」が11月16日、業態を変えてカフェバー「ブックスペース栄和堂」(鎌倉市常盤)としてオープンした。
フランス人が多い街、神楽坂の素敵な本屋3つとカフェとモンブラン。 | Holiday [ホリデー]
https://haveagood.holiday/plans/5879
フランス人が多く住む街、神楽坂はフランスらしい雰囲気のお店がたくさんあることから「リトルパリ」として知られていますが、かつて文豪が住み、今は大中小出版社が在り、本に関わる人が多い街でもあることは意外と知られておりません。

  出典 img.cpcdn.com
「本屋を耕す」ということ POL Bookshelf:PRESIDENT Online - プレジデント
http://president.jp/articles/-/16985
町から本屋がどんどん姿を消しているが、がんばっている書店もある。店独自のベストセラーを生み出している書店は何をやっているのか。
東京、ブックカフェ 20選 - Time Out Tokyo(タイムアウト東京)
http://www.timeout.jp/tokyo/ja/%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3/%E6%9D%B1%E4%BA%AC-%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A720%E9%81%B8
店内の本を読みながら、コーヒーや軽食が楽しめるブックカフェ。どの店も客の居心地を考えた店作りがなされ、帰りたくなくなるほどの居心地の良さ。ここでは、阿佐ヶ谷、渋谷、下北沢、千駄木など、タイムアウト編集部がおすすめする20軒を紹介する。

  出典 media.timeout.com
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)Curation pump All Rights Reserved.